vol.3 | 上映作品

骨を掘る男(パイロット版)

映画作家:奥間勝也

(22分/日本/2021年)日本語

Filmmaker: Okuma Katsuya

Year of production : 2021, Country : Japan, Length : 22 Minutes


具志堅隆松はガマフヤー(洞窟を掘る人)と名乗り、40年近く沖縄戦の遺骨を掘り続けている。監督・奥間の大叔母・正子も沖縄戦の戦没者でその遺骨は未だに見つかっていない。
監督は「会ったことのない者の死を悼むことはできるのか?」という問いを抱えながら、遺骨収集を行う具志堅の姿をカメラに収め、彼と共に大叔母の遺骨を探す。

Profile

奥間勝也
沖縄生まれ。琉球大学で文学を学んだのち上京。2011年、沖縄を舞台に制作した中編映画『ギフト』がニヨン国際映画祭(Visions du Reel:スイス)など国内外で上映。インド・ヒマラヤ山脈の麓の村に2週間滞在して制作した『ラダック それぞれの物語』が山形国際ドキュメンタリー映画祭2015年で奨励賞。

Born in Naha, Okinawa, in 1984, Okuma Katsuya has directed two independent works so far. He was also assistant director on the Okinawan sequence of Yamamoto Masashi’s Three Points and is involved in a magazine called las barcas, founded by young artists and critics in Okinawa. Gift was produced for and screened at “Okinawa Art Action,” organized by an NPO Society in support of Okinawa Prefectural Art Museum in March 2011.