vol.2 | 上映作品

Vever, for Barbara

アーティスト:デボラ・ストラトマン

(12分/アメリカ/2019年)英語(字幕なし)

Artist: Deborah Stratman

Year of production : 2019 Country : America Length : 12minutes


Walker art centerのコミッションワークによって制作された作品。三世代の女性映画作家、マヤ・デレン、バーバラ・ハマー、デボラ・ストラートマンがこの映画を形作る作り手だ。この映画は、バーバラが70年代にグアテマラを旅し記録したフッテージに、デボラの手で味付けを施し現代に蘇ったのだ。ブードゥー教の神や、ハイチでの植民地思想に関するアンチ、三世代の女性作家の思考など複雑に様々な思想が絡み合う2019年山形国際ドキュメンタリー映画祭審査員作品。

Profile

デボラ・ストラトマン
1967年ワシントンDC生まれ。シカゴを拠点にするアーティスト/映画作家。彼女は、国際的なビエンナーレや、芸術機関、映画祭で作品を発表している。現在、シカゴのイリノイ大学で教鞭をとる。

Deborah Stratman
Artist and filmmaker Deborah Stratman makes work that investigates issues of power, control and belief, exploring how places, ideas, and society are intertwined. Recent projects have addressed freedom, sinkholes, comets, orthoptera, surveillance, manifest destiny, infrastructure, levitation and faith. She has exhibited internationally at venues including MoMA NY, Centre Pompidou, Hammer Museum, Mercer Union, Witte de With, Tabakalera, Whitney Biennial and festivals including Sundance, Viennale, Berlinale, CPH/DOX, TIFF, Oberhausen, Locarno, True/False and Rotterdam. She is the recipient of Fulbright, Guggenheim, Sundance Art of Nonfiction and USA Collins Fellowships, an Alpert Award and grants from Creative Capital, Graham Foundation, Harpo Foundation and the Wexner Center for the Arts. She lives in Chicago where she teaches at the University of Illinois.