Experimental Film Culture vol 3.5 in Japan 開催決定!

Experimental film culture vol.3.5 in Japan ~ポレポレオルタナティブ~  

■Experimental film culture in Japan web:http://efcjp.info/

主催:鈴木光 石川翔平 西澤諭志

開催日:2021年11/22(月)、23(火祝)の2日間

所在地 ポレポレ坐: https://pole2za.com/

■料金の箇所: 1回:1500円  3回:3600円  フリーパス:6500円 (8枚限定) 

予約は、info@efcjp.infoまでメールしてください。

<今回の開催について>

これまでこのExperimental film culture in Japanでは、3回上映を行ってきました。Vol 3.5では、これまでこの上映会で上映してきた映像 | 映画作品の中から、独自で字幕制作を行った作品と好評だった作品をピックアップし、再上映する試みを行います。そして、新たにこれまでの上映会にプラスして、今回は、堀禎一監督作品の上映も行います。せっかく字幕をつけても、いつ再上映されるかわからない、素晴らしい作品に敬意を払い、密度が増したこの上映会を是非お楽しみください。

■プログラム

11月22(月)

14:00:シルビア・シェデルバウアー作品特集(60m)  合計58分+ビデオトーク2分〜3分

16:00: ジェームス・ベニング監督作  「On Paradise road」(75分)

18:00:フィリップ・ヴィトマン&カールステン・クラウゼ 監督作  「Szenario」(89分) (ベルリン映画祭2014上映作)

20:00:堀禎一監督作 「天竜区奥領家大沢 夏」(67分) +Experimentarl Film Cultureによるミニトーク

11月23(火祝)

 12:00:西澤諭志作 「百光」(72分)

 14:00:加藤貴文作 「15s」(60分) +西澤諭志✖︎加藤貴文 トーク

 16:00:ネレ・ヴォールアッツ監督作 「The Future Perfect」(65分) +  ビデオトーク2分〜3分

 18:00: 堀禎一監督作 「天竜区奥領家大沢 冬」(95m) +葛生賢トーク

オンラインイベントを開催します: 特別配信プログラム 配信決定! 

《Experimental film culture in Japan vol.3.5》の開催を記念して、今回の上映作品の中から日本人作家の二作品と、事前収録した作家二人による配信限定のスペシャルトークを配信します! 遠方の方、ご来場が難しい方、実際に参加する予定で予習・復習されたい方、など、是非この機会に配信でもEFCをお楽しみください。 

プログラム: 西澤諭志『百光』(72分) 加藤貴文『15s』(60分) +配信限定スペシャル対談(約60分) 

<西澤諭志(写真家・映像作家) × 加藤貴文(イラストレーター・映像作家)> 

2021年11月20日(土)19:00より配信開始!

(11/28(日)23:59までアーカイブ)

配信チケット:1500円 https://teket.jp/1797/7491 

*電子チケット販売プラットフォームteketへの登録が必要となります 

*配信のURLは購入したteketアカウントのみで閲覧可能です 

・チケット発売日 2021年10月20日~

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。