vol.3 | 上映作品

Memories

アーティスト:シルヴィア・シェデルバウアー

(19分/ドイツ/2004年)英語

Artist: Sylvia Schedelbauer

Year of production : 2004, Country : Germany, Length : 19 Minutes


バブル期の日本で育った一人の女性。なぜ彼女の両親は昔のことを話さなかったのか?彼女の家族のアーカイブから見つかった箱いっぱいの写真を使って、フィルムメーカーは家族の歴史の1つのバージョンを構築しようとします。

Profile

シルヴィア・シェデルバウアー
1993年、東京に生まれたシルヴィア・シェーデルバウアーはベルリンに移住し、現在に至る。ベルリン芸術大学で(Katharina Sieverdingの元で)学びました。彼女の映画は、主に拾った映像やアーカイブ映像を詩的に操作することで、広い歴史的物語と個人的な心理的領域の間を行き来します。主な上映作品 ベルリン国際映画祭、トロント国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画祭、ロンドン映画祭、ニューヨーク映画祭、ロバート・フラハティ国際映画セミナー、スタン・ブラッケージ・シンポジウムなどで上映されています。受賞歴:VG Bildkunst賞、ドイツ映画批評家賞、ガス・ヴァン・サント賞(最優秀実験映画賞)など。シェーデルバウアーは、ハーバード大学ラドクリフ高等研究所の2019/2020年度フェローでした。

Sylvia Schedelbauer
Born in Tokyo Sylvia Schedelbauer first moved to Berlin in 1993, where she has been based since. She studied at the University of Arts Berlin (with Katharina Sieverding). Her films negotiate the space between broader historical narratives and personal, psychological realms mainly through poetic manipulations of found and archival footage.

Selected screenings: Berlinale, Toronto International Film Festival, International Short Film Festival Oberhausen, London Film Festival, New York Film Festival, Robert Flaherty International Film Seminar and Stan Brakhage Symposium. Awards include the VG Bildkunst Award, the German Film Critics’ Award and the Gus Van Sant Award for Best Experimental Film. Schedelbauer was a 2019/2020 arts fellow at the Harvard Radcliffe Institute.

http://www.sylviaschedelbauer.com/