vol.3 | 上映作品
オリジナル字幕

Szenario

作家:フィリップ・ヴィトマン

(90分/ドイツ/2014)日本語 

Filmmaker: Philip Widmann

Year of production : 2014 Country : GERMANY Length : 36 minutes


1970年、西ドイツの代表的な都市で、表面的には整った生活を送っていた黒のブリーフケースの中身。このブリーフケースに入っているのは、中小企業の経営者ハンスとその秘書モニカの不倫関係を綿密に記録した書類。二人の性行為の詳細な記録は、同じ状況下で別の人生を歩む無限の可能性と有限の確率の場に痕跡を残している。

Profile

フィリップ・ヴィトマン
フィリップ・ヴィトマンは、映画、テキスト、映画プログラムを制作しています。彼の作品は、ベルリン国際映画祭、IFFロッテルダム、Views from the Avantgarde、山形国際ドキュメンタリー映画祭、FIDマルセイユ、CPH:DOX、Visions du Réel、Wexner Center for the Arts、KWベルリン、Tabakalera San Sebastiánなどの映画祭やアートスペースで上映されています。また、Arkipel Jakarta、Image Forum Tokyo、Kassel Dokfestなどの映画プログラムを担当し、現在はEuropean Media Art Festival Osnabrückの共同プログラムを担当しています。

Philip Widmann
Philip Widmann makes films, texts, and film programmes. His work has been shown in film festivals and art spaces, among them the Berlinale, IFF Rotterdam, Views from the Avantgarde, Yamagata International Documentary FF, FID Marseille, CPH:DOX, Visions du Réel, Wexner Center for the Arts, KW Berlin, Tabakalera San Sebastián. He has selected film programmes for Arkipel Jakarta, Image Forum Tokyo, Kassel Dokfest, and is currently co-programming the European Media Art Festival Osnabrück.